ゴミばかりが溜まってしまって本当に嫌になります

毎日普段に飲んだり食べたりしているゴミって本当にどうしてこんなにゴミが出るんだろうって思ってしまうほど相当な量のゴミが出ているので嫌になっています。昔はお水なんてペットボトルのお水を買って飲むだなんて考えられなかったと思うし、お水の入ったペットボトルを見ることもほとんどなかった気がするのに、今は普段の生活になぜかペットボトルの水が置いてあっていつも当たり前のようにペットボトルの水を飲んでいる家族がいて、その分ゴミの量も増えてしまうし、置き場にも困っているし大変だなと思いました。スーパーに買い物に行くときもノントレーのお肉とかを探しては見るのですが、必ずなぜかトレーに乗せられているのでゴミも増えてしまうし、勿体無いなと思ってしまいます。買う方が気を付けていても結局はゴミが増えるばかりなので防ぎようがないなと思うと、そのゴミをどうやって小さくしたら良いかを考えないといけないなと思っています。本当にゴミが溜まるのは嫌なので何とかしたいです。ミュゼ 100円 申し込み

ベーシックインカム導入とは無関係のように思えた議論

国民一人一人に毎月一定の生活費を支給するベーシックインカムを導入すれば労働意欲が失せてしまうので問題だ、という論点で議論を仕掛けてくる人がいますがそうした議論はやっても無駄だと思います。
なぜなら近い将来、働く意欲があろうがなかろうが結局AIに仕事を奪われ働けない状況になるのを見越しての議論をしなければならない時期が来ているからです。
やがて人間の仕事はなくなり簡単に働き口が見つからない社会になるのは不可避なわけですから、そうなった場合にどう対応するのかを考えなければなりません。
ですから労働意欲の有無とかいう低次元な話でお茶を濁してばかりいては何時まで経っても問題解決の糸口さえ見つけられないような気がします。
我々が今後AIやロボットたちとどうすれば共生できるのかというこれまで誰も経験したことのない問題が私たちの目の前に迫ってきているわけですから、
これまでの日常とは全く違った視点で議論しAI社会に関する知恵を集めていくしかないでしょう。
ですから労働意欲の有無よりどうすれば有り余る暇を持て余さずにすむのかがまだ議論に値しそうな気がします。アリシアクリニック 永久脱毛