スーパーで買い物をしてみたもののおきまりの内容

数日分の食糧を買いに近所のスーパーへ。

今日に限ったことではないが、買う内容がいつも似たり寄ったりなラインナップ。

例えスーパーでの買い物であってもコストを考えてしまう。

普段買い慣れないものを買うとそれを如何に調理するかを考えなければならない。

下手をしたら食材を無駄にしてしまうリスクを伴う。

かといって毎日毎日スーパーで買い足し買い足しということが私はできない。

何故ならば並ぶのが嫌いだからだ。

一点、二点を購入するために列に並びたくないし、買いにも行きたくない。

ましてカゴの中身で作るメニューを悟られたくないというわけのわかない気持ちさえ持っている。

調理しやすい豆腐に玉子はもはやレギュラーで、ソーセージなどはなにかと加工したり肉がないときのアクセントにしている。

キムチや納豆は発酵食品だし、忙しい時間でも短時間で弁当として持って行ける焼きそばなどは数日分のメニューを考えたらコスト的にもお得。

しかし、買うメニューが偏るとローテーションになってしまうためそろそろテコ入れが必要なのではと考えている。

健康にもよくないじゃないか。

エシャロットとか買って料理ができる人間になりたい。

ちなみにエシャロットはお洒落なメニューに入ると勝手に思ってる。葉酸サプリメント 人気ランキング